秋季大会

北陸学院が延長12回サヨナラで遊学館破る 桜丘は小松大谷に勝利 飯田と松任は延長15回引き分け 石川大会3回戦

投稿日:2017-09-18 更新日:

第137回北信越高校野球石川県大会は18日、台風の影響で天候が心配されたが、3回戦が行われ、県立野球場で3試合、弁慶スタジアムで3試合が行われた。県立野球場の第3試合では北陸学院が遊学館に延長12回サヨナラ勝ち。弁慶スタジアム第3試合では、桜丘が高平の好投で小松大谷を破るなど波乱の一日となった。弁慶スタジアム第2試合の飯田-松任は、延長15回引き分け再試合となった。19日は県立野球場で3回戦3試合が行われる予定。

18日の試合結果 3回戦

▼県立球場 第1試合
星稜
121 032 0=9
010 000 1=2
野々市明倫
=7回コールド=
〔星〕竹谷、山口、寺沢、河村ー西岡、山瀬
〔明〕宮崎、宮川ー吉本

星稜は、序盤から平野、山瀬の適時打などで着実に加点。リリーフした左腕・山口が明倫打線を寄せ付けない好投で7回コールド。ベスト8一番乗りを決めた。明倫は1年生の宮崎を先発マウンドに送る奇襲で臨んだが、守備の乱れなどもあり無駄な失点を重ねてしまった。


星稜の先発はエース・竹谷、この日は1回2/3でマウンドを降りた


初回、星稜の先頭打者・鯰田が三塁打で出塁し、パスボールで生還


2回の星稜、2死一、二塁から平野の三塁打で2点追加


2回裏、明倫は古木の適時打で1点を返す


明倫のエース・宮川


5回、途中出場の1年生・山瀬も適時打


6回からマウンドに上がった1年生・寺沢


明倫は沢田の適時打で1点を返す

▼県立球場 第2試合
石川高専
000 00=0
313 21=10x
航空石川
=5回コールド=
〔石〕中谷、新出ー野田
〔航〕中川、杉本ー井岡

航空石川の打線が序盤から爆発した。上田、長谷川の中軸が実力を発揮して、5回コールドの快勝。2回戦は劇的なサヨナラ勝ちの粘り強い石川高専だが、航空石川の前に力尽きた。


石川高専の先発は中1日の中谷


3回、航空4番・上田が左中間に本塁打を放つ


航空先発の1年生・中川も適時打


5番・長谷川の適時打


石川高専の2番手・新出

▼県立球場 第3試合
遊学館
030 010 101 000=6
201 101 001 001=7x
北陸学院
=延長12回=
〔遊〕保科、川江、渡邉竜、加藤ー牧野
〔北〕小竹、小堀ー二又

両チーム点を取り合う展開となったゲームは、延長12回に北陸学院の代打・山本歩が2死一、二塁で中前打を放ち激闘に終止符を打った。遊学館は、1点リードで迎えた9回裏に2死から追いつかれ、延長12回も2死からサヨナラ負け。北陸学院はリリーフした小堀が遊学館打線を完璧に封じて勝利を呼び込んだ。


遊学館の先発は1年生の保科


1回裏、北陸学院は3番・宮本の2ランで先制。2回戦の金市工戦に続いての本塁打。


北陸学院の先発は中1日の小竹


2回表、遊学館は佐藤の二塁打と伊藤の適時打ですぐさま逆転



4回、津口の三塁打で北陸学院が逆転に成功


5回、牧野の適時打で遊学館が同点に追いつく


延長12回裏、代打・山本歩の中前打で北陸学院がサヨナラ勝ち

▼弁慶スタジアム 第1試合
県立工業
010 000 102=4
110 301 00x=6
羽咋
〔県〕山崎ー大門
〔羽〕上島ー桶谷

羽咋は今大会好投してきたエース・上島が初回に自らのバットで先制して流れに乗った。上島は、終盤に県工に追い上げられるも何とか逃げ切ってベスト8進出。県工の山崎もよく投げたが、序盤の失点が響いた。

▼弁慶スタジアム 第2試合
松任
000 310 000 000 000=4
202 000 000 000 000=4
飯田
〔松〕長松ー吉本
〔飯〕室峰、木挽ー松鶴
=延長15回引き分け再試合=

序盤に4点をリードした飯田ペースの試合と思われたが、高崎、脇田の適時打で松任が追いつくと、そこから試合が落ち着き、飯田・木挽、松任・長松の投げ合いに。中盤以降はお互いチャンスを掴むもあと1本が遠かった。15回を投げ抜いた松任・長松投手の力投に心を打たれた好ゲームだった。


飯田・木挽投手


松任・長松投手は一人で15回を投げ抜いた

▼弁慶スタジアム 第3試合
小松大谷
000 000 002=2
000 300 00x=3
金沢桜丘
〔小〕山根、大谷ー小滝
〔桜〕高平ー茶木

桜丘・高平、小松大谷・山根の両投手の投げ合いから、桜丘の茶木が3ランを放ち均衡を破る。8回まで小松大谷の強力打線を3安打無得点に抑えていた高平は、9回に2点を失ったが、後続を断ち完投勝利。小松大谷は5回からエースの大谷をマウンドに送り、追加点を許さなかったが、最後まで高平を捉えきれなかった。


桜丘・高平投手は8回まで3安打無失点、9回に2点を失うも見事な完投勝利


小松大谷の先発は1年生・山根



4回、桜丘は茶木の3ランで先制


小松大谷・大谷投手は5回からリリーフして無失点に抑える力投
 

19日の試合 3回戦

▼県立野球場
09:30 金沢学院-小松工業
12:00 小松-大聖寺実業
14:30 飯田-松任(再試合)







-秋季大会

関連記事

金沢学院が北陸学院をコールドで破る 小松は羽咋に再逆転でベスト4進出 石川大会準々決勝

第137回北信越高校野球石川県大会は24日、県立野球場で準々決勝2試合が行われた。県立野球場の第1試合では金沢学院が矢富の3ランなどで着実に加点して、北陸学院にコールド勝ち。第2試合では小松が山本成の …

逆転の星稜、終盤の大逆転で航空石川を破り3季ぶり36回目の優勝 金沢学院は投手戦を制して9季ぶり5回目の北信越出場 石川大会決勝

第137回北信越高校野球石川県大会は、30日に県立野球場で、第3代表決定戦と決勝の2試合が行われた。決勝は、星稜が7回に7点を挙げるビッグイニングで航空石川に大逆転勝利。3季ぶり36回目の優勝(秋は5 …

金市工が金沢破る 小松明峰は伏見に競り勝つ 石川大会1回戦

第137回北信越高校野球石川県大会は9日、3球場で1回戦9試合が行われた。弁慶スタジアムの第1試合では金市工が金沢に逆転勝利した他、錦丘、石川高専、小松明峰、北陸学院などがそれぞれ勝ち上がり、2回戦進 …

小松の小川投手が3安打完封で大聖寺実を破る 飯田は松任との再試合を制してベスト8進出 石川大会3回戦

第137回北信越高校野球石川県大会は19日、県立野球場で3回戦3試合が行われ、ベスト8が出揃った。県立野球場の第1試合では金沢学院が小松工に競り勝ち、第2試合では小松が小川投手の好投で大聖寺実を3安打 …

航空石川、星稜がコールド発進 大聖寺実は金沢商に競り勝つ 石川大会1、2回戦

第137回北信越高校野球石川県大会は10日、3球場で1回戦6試合、2回戦2試合が行われた。県立球場の第1試合では大聖寺実が延長の末、金沢商を破った他、金沢学院、羽咋、北陵、小松商、七尾東雲がそれぞれ勝 …

アーカイブ