秋季大会

小松工業が逆転で金沢西を破る 金沢学院、小松、大聖寺実業も3回戦へ進出 石川大会2回戦

投稿日:2017-09-17 更新日:

第137回北信越高校野球石川県大会は17日、2回戦が行われ、県立野球場で2試合、弁慶スタジアムで2試合が行われた。県立野球場の第1試合では小松工業が終盤に逆転して金沢西に勝利。第2試合では、金沢学院が田中の好投で小松商業の反撃を許さず8回コールド勝ちで、それぞれ3回戦進出を決めた。18日は2球場で3回戦6試合が行われる予定。

17日の試合結果 2回戦

▼県立球場 第1試合
小松工業
104 000 300=8
100 311 000=6
金沢西
〔小〕久保、蔦ー北本
〔西〕北、舟田ー中條

◆中盤、守備の乱れなどもあり逆転された小松工業は1点を追う7回表、代打・宮下のライト線三塁打で2点を挙げて再逆転。7回からリリーフした蔦が金沢西の反撃を無失点に抑えて3回戦進出を決めた。


4回裏、4点を追う西は、ランナー2人おいて北の犠牲フライでまず1点、続く舟田のヒットでエラーが重なり打った舟田もホームイン


7回表、小松工業は代打攻勢で3点を挙げて再逆転に成功


リリーフした小松工・蔦が金沢西を無失点に抑える

▼県立球場 第2試合
金沢学院
031 000 04=8
000 000 01=1
小松商業
=8回コールド=
〔学〕田中ー中
〔商〕湊、杉山、表ー村永、宮吉

◆金沢学院・田中、小松商・湊の好投同士の投げ合い。金沢学院は、序盤に失策などで作った好機に9番・吉川が2点適時打で先制すると、3回には3番・中の本塁打でリードを広げる。中盤は両投手の投げ合いとなったが、8回にダメ押しの4点を追加した金沢学院がコールドで勝利。


金沢学院・田中投手


小松商業・湊投手



2回、金沢学院は相手失策による好機に吉川の2点適時打で先制


3回、金沢学院は3番・中が左中間にライナーで本塁打


8回、金沢学院は角尾の適時打などで4点


小松商業は、湊の適時打で1点を返すも反撃はここまで

▼弁慶スタジアム 第1試合
小松市立
013 000 20=6
015 140 02=13
小松
=8回コールド=
〔市〕丸、池田、野木、北野ー若林、丸
〔松〕町谷、河端ー清都、中西

▼弁慶スタジアム 第2試合
大聖寺実業
020 020 014=9
100 200 000=3
七尾東雲
〔大〕松浦ー小山
〔七〕岩永、大根、木津、田中ー本正

18日の試合

▼県立野球場
10:00 星稜ー野々市明倫
12:30 石川高専ー航空石川
15:00 遊学館-北陸学院

▼弁慶スタジアム
10:00 羽咋ー県立工業
12:30 飯田ー松任
15:00 小松大谷-金沢桜丘

*試合開始時間が変更になっております。







-秋季大会

関連記事

投手力の星稜か、強力打線の航空石川か 秋季大会決勝・第3代表決定戦の見どころ

第3代表決定戦 9時@県立 小松ー金沢学院 1年生投手を中心に競り合いに強い 小松は、初戦の小松市立にコールド勝ちしたのを皮切りに、大聖寺実、羽咋に競り勝ってきた。その原動力となったのが、1年生投手の …

県立工業がシードの寺井を破る 遊学館は鹿西にコールド勝ち 石川大会2回戦

第137回北信越高校野球石川県大会は14日、県立球場で2回戦2試合が行われた。第1試合では遊学館が鹿西にコールド勝ち、第2試合では、県立工業がシードの寺井に延長の末に勝利して、それぞれ3回戦進出を決め …

小松の小川投手が3安打完封で大聖寺実を破る 飯田は松任との再試合を制してベスト8進出 石川大会3回戦

第137回北信越高校野球石川県大会は19日、県立野球場で3回戦3試合が行われ、ベスト8が出揃った。県立野球場の第1試合では金沢学院が小松工に競り勝ち、第2試合では小松が小川投手の好投で大聖寺実を3安打 …

第139回北信越高校野球石川大会展望(30年秋季大会)

優勝候補筆頭はやはりこの夏石川県大会を制して甲子園に出場した星稜高校。星稜はエース奥川を始め甲子園で悔しい経験を積んだ寺沢、寺西そして荻原の投手陣は過去最強の布陣。センターラインでは攻守の鯰田が抜ける …

石川高専が9回逆転サヨナラで七尾を破る 北陸学院は小竹が1安打完封で金沢市工に勝利 石川大会2回戦

第137回北信越高校野球石川県大会は16日、2回戦が行われ、県立野球場で4試合、弁慶スタジアムで2試合が行われた。県立野球場の第2試合では北陸学院が宮本の本塁打と小竹の好投で金沢市工に完封勝利。第4試 …

アーカイブ