秋季大会

石川高専が9回逆転サヨナラで七尾を破る 北陸学院は小竹が1安打完封で金沢市工に勝利 石川大会2回戦

投稿日:2017-09-16 更新日:

第137回北信越高校野球石川県大会は16日、2回戦が行われ、県立野球場で4試合、弁慶スタジアムで2試合が行われた。県立野球場の第2試合では北陸学院が宮本の本塁打と小竹の好投で金沢市工に完封勝利。第4試合では、石川高専が9回に再々逆転してサヨナラ勝ち、それぞれ3回戦進出を決めた。17日は2球場で2回戦4試合が行われる予定。

16日の試合結果 2回戦

▼県立球場 第1試合
金沢二水
000 22=4
9011 0x=20
金沢桜丘
=5回コールド=
〔二〕森達、山田、源ー清水、小林
〔桜〕牧口、脇田、谷口ー茶木

◆初回から桜丘打線が爆発した。3番・高井の二塁打を皮切りに、山崎、奥成、上村も続き、満塁から宮田の3点二塁打などで一挙9点。3回にも高井のライトスタンドへ2ランを放つなどで11得点して序盤で試合を決めた。二水は三連打などで反撃するも5回コールドで桜丘の勝利。


6番・奥成の適時打


二水は、石黒、原田のヒットに猪股が三塁打で続いて2点返す


三塁打を放った二水・猪股

▼県立球場 第2試合
金沢市工
000 000 000=0
002 020 02x=6
北陸学院
〔金〕堀田、竹内ー山田
〔北〕小竹ー二又

◆‪両エースの投げ合いで始まった試合は、3回に北陸学院の3番・宮本がレフトへの2ランで均衡を破ると、5回にも2点適時打と1人で4打点の活躍。投げては、エース・小竹がコーナーに投げ分ける投球で1安打完封して3回戦進出を決めた。‬
‪金沢を破った金市工だったが、この日は持ち前の粘り強い打撃ができなかった。‬


3回、3番・宮本の2ランで北陸学院が先制。宮本は5回にも2点適時打を放ち、この日4打点と爆発。


金市工の堀田は、宮本には打たれたものの、投球内容としては悪くなかった。


北陸学院・小竹は、内外角にキレのある球を投げ込み、9回被安打1の完璧な投球で完封勝利。


8回にダメ押しとなる6点目を追加した北陸学院が3回戦進出。

▼県立球場 第3試合
北陵
000 00=0
116 3x=11
羽咋
=5回コールド=
〔北〕濱下、斉藤、船見ー寺田
〔羽〕上島、中田ー桶谷

◆序盤から着実に加点した羽咋が5回コールドで勝利。北陵は3投手が継投するも羽咋打線の勢いを止められなかった。


北陵・濱下


北陵・斉藤


北陵・船見


初回、4番・桶谷の適時打で羽咋が先制


3回、小泉の適時打などで一挙6点を奪って試合を決定付ける


北陵も本塁封殺など好プレーをみせるが、羽咋の猛攻の前に5回コールド

▼弁慶スタジアム 第1試合
金沢錦丘
000 010 010=2
000 003 02X=5
野々市明倫
〔錦〕諸橋、丸山ー安井
〔明〕宮川ー吉本

◆明倫は錦丘先発の諸橋を打ちあぐんでいたが、6回、吉本や岩崎の適時打で3点奪い逆転。明倫のエース宮川は、12安打されたが粘りのピッチングで完投。錦丘は序盤からヒットは出るもののあと1本が出なかった。

▼弁慶スタジアム 第2試合
飯田
106 000 006=13
000 121 100=5
小松明峰
〔飯〕室峰、木挽ー干場
〔明〕平岡、菊野、坂東、中田ー北野

◆‪飯田は3回、濱谷の3ベースから儀谷のセカンド強襲で1点、更に連打で満塁から死球押出、室峰が走者一掃レフトオーバーの2ベース。この後も得点を重ねこの回6点を奪う。最終回にも6得点をあげ勝負を決定づけた。明峰は宮崎のタイムリーなどで最大7点差から2点差まで追い詰めたがここまで。‬

▼県立球場 第4試合(弁慶第3試合)
七尾
111 000 002=5
020 000 202=6x
石川高専
〔七〕善端、宮本、両國、藤山、横山ー高田
〔石〕中谷ー野田

◆ ‪息詰まるシーソーゲームとなったが、石川高専は9回裏、代打・阿戸の二塁打と四球などで1死二、三塁とすると、新出の強襲な当たりを三塁手が弾く間に、2走者が返ってサヨナラゲームとなった。‬‪序盤は七尾のペースで試合が進んだが、石川高専の中谷が最後まで粘り強く投げ抜いた。七尾は5投手で繋ぐも最後は力尽きた。


石川高専・中谷は9回まで粘り強く投げ、サヨナラ勝ちを呼び込んだ

17日の試合

▼県立野球場
09:30 小松工ー金沢西
12:00 金沢学院ー小松商

▼弁慶スタジアム
09:30 小松ー小松市立
12:00 大聖寺実ー七尾東雲







-秋季大会

関連記事

星稜は奥川が投打に大活躍、航空石川は上田が5打点の大爆発、ともにコールド勝ちで2年連続の決勝進出。 石川大会準決勝

第137回北信越高校野球石川県大会は、雨で一日順延となり、29日に弁慶スタジアムで準決勝2試合が行われた。第1試合では、星稜が小松・小川の立ち上がりを攻略して、初回に5点を先制。星稜先発の奥川は、7回 …

秋季石川県大会は23日から準々決勝 ベスト8のチーム・注目選手の紹介 

第137回北信越高校野球石川県大会は、23日からいよいよ準々決勝に突入する。上位候補と言われていた遊学館、金沢、小松大谷、鵬学園などが3回戦までで姿を消し、星稜、飯田、小松、羽咋、北陸学院、金沢学院、 …

県立工業がシードの寺井を破る 遊学館は鹿西にコールド勝ち 石川大会2回戦

第137回北信越高校野球石川県大会は14日、県立球場で2回戦2試合が行われた。第1試合では遊学館が鹿西にコールド勝ち、第2試合では、県立工業がシードの寺井に延長の末に勝利して、それぞれ3回戦進出を決め …

北陸学院が延長12回サヨナラで遊学館破る 桜丘は小松大谷に勝利 飯田と松任は延長15回引き分け 石川大会3回戦

第137回北信越高校野球石川県大会は18日、台風の影響で天候が心配されたが、3回戦が行われ、県立野球場で3試合、弁慶スタジアムで3試合が行われた。県立野球場の第3試合では北陸学院が遊学館に延長12回サ …

小松工業が逆転で金沢西を破る 金沢学院、小松、大聖寺実業も3回戦へ進出 石川大会2回戦

第137回北信越高校野球石川県大会は17日、2回戦が行われ、県立野球場で2試合、弁慶スタジアムで2試合が行われた。県立野球場の第1試合では小松工業が終盤に逆転して金沢西に勝利。第2試合では、金沢学院が …

アーカイブ