秋季大会

金市工が金沢破る 小松明峰は伏見に競り勝つ 石川大会1回戦

投稿日:2017-09-09 更新日:

第137回北信越高校野球石川県大会は9日、3球場で1回戦9試合が行われた。弁慶スタジアムの第1試合では金市工が金沢に逆転勝利した他、錦丘、石川高専、小松明峰、北陸学院などがそれぞれ勝ち上がり、2回戦進出を決めた。10日は3球場で1回戦7試合、2回戦2試合が行われる予定。


*金市工の堀田が完投。金沢打線を6安打3点に抑えた。

9日の試合結果

スコア詳細

▼県立
錦丘8-0金沢高専⑧
小松明峰5-4伏見
飯田6-2羽咋工

▼市民
石川高専11-1宝達⑤
七尾14-0翠星・加賀⑤
二水9x-8辰巳丘・向陽・内灘

▼弁慶
金市工7-3金沢
北陸学院16-3穴水⑤
桜丘11-0門前⑤

金沢-金沢市工

今大会はノーシードながら、ほぼ夏を経験したメンバーという事もあり、優勝候補にも挙げられた金沢の初戦。相手は強豪・金沢市工と1回戦から好カードとなった。1年生からマウンドを経験している金市工のエース・堀田のピッチング次第では、金沢も苦戦するかもしれないというのが大方の見方だった。
試合は、金沢の寺前が左中間への2ランで先制するも、金市工が追いつき、中盤まで2-2の同点で試合は進んだ。
終盤、金沢の先発・向井は金市工の小技を絡めた攻撃に捕まり5点を失う。継投が持ち味の金沢だが、2番手・大筆にスイッチするタイミングを逸してしまった。今大会から新監督になった事も影響していたかもしれない。
一方、金市工の堀田は、序盤とは別人のように中盤以降は球が走り、金沢の反撃を1点に抑えた。終わってみれば、7-3で金市工の勝利。金沢は3失策するなど最後までリズムを掴めなかった。







-秋季大会

関連記事

県立工業がシードの寺井を破る 遊学館は鹿西にコールド勝ち 石川大会2回戦

第137回北信越高校野球石川県大会は14日、県立球場で2回戦2試合が行われた。第1試合では遊学館が鹿西にコールド勝ち、第2試合では、県立工業がシードの寺井に延長の末に勝利して、それぞれ3回戦進出を決め …

星稜は奥川が投打に大活躍、航空石川は上田が5打点の大爆発、ともにコールド勝ちで2年連続の決勝進出。 石川大会準決勝

第137回北信越高校野球石川県大会は、雨で一日順延となり、29日に弁慶スタジアムで準決勝2試合が行われた。第1試合では、星稜が小松・小川の立ち上がりを攻略して、初回に5点を先制。星稜先発の奥川は、7回 …

逆転の星稜、終盤の大逆転で航空石川を破り3季ぶり36回目の優勝 金沢学院は投手戦を制して9季ぶり5回目の北信越出場 石川大会決勝

第137回北信越高校野球石川県大会は、30日に県立野球場で、第3代表決定戦と決勝の2試合が行われた。決勝は、星稜が7回に7点を挙げるビッグイニングで航空石川に大逆転勝利。3季ぶり36回目の優勝(秋は5 …

星稜が飯田との投手戦を制して辛くも逃げ切り 航空石川は3試合連続のコールドで準決勝進出

第137回北信越高校野球石川県大会は23日、県立野球場で準々決勝2試合が行われた。県立野球場の第1試合では星稜が飯田の好投手・木挽に苦しみながらも競り勝ち、第2試合では航空石川打線が初回から爆発し、桜 …

秋季石川県大会は23日から準々決勝 ベスト8のチーム・注目選手の紹介 

第137回北信越高校野球石川県大会は、23日からいよいよ準々決勝に突入する。上位候補と言われていた遊学館、金沢、小松大谷、鵬学園などが3回戦までで姿を消し、星稜、飯田、小松、羽咋、北陸学院、金沢学院、 …

アーカイブ