春季北信越

星稜が左腕・山口の好救援で3年連続の決勝進出 北信越地区高校野球大会準決勝

投稿日:

第138回北信越地区高校野球大会は4日、県立野球場で準決勝2試合が行われた。星稜は粘る高岡商の反撃を振り切って3年連続の決勝進出。航空石川を破って勢いに乗る佐久長聖は、日本文理に競り勝って3年ぶりの決勝に駒を進めた。5日は県立野球場で決勝戦が行われる。

4日の試合結果

準決勝

@石川県立野球場

第1試合 星稜ー高岡商

星稜
203 100 004=10
000 100 400=5
高岡商
〔星〕竹谷、寺沢、山口、奥川ー山瀬
〔高〕大島、井上、山田、安藤ー筏
〔三塁打〕南保、鯰田(星)
〔二塁打〕東海林、南保、鯰田、竹谷、内山(星)堀(高)

◆ 星稜は初回、今大会好調な東海林、南保の二塁打などで2点を先制。3回には高岡商の先発・大島が崩れ、押し出しと鯰田の2点適時打でリードを広げる。星稜・先発の竹谷は、4回2死後、高岡商・堀、井林に連打を浴び失点を許しながらも、持ち前の安定感ある投球で試合を作ったが、7回に森田の適時打で1点を返されて4点差になった所で寺沢に交代。その寺沢は制球が定まらず、四球後に中村の2点適時打、続く石黒にも押し出しの四球を与えて1点差となり、なおも1死満塁のピンチを迎える。ここで星稜は、マウンド経験豊富な3年生の左腕・山口が登板。この日適時打を放っている井林、続く田嶋を連続三振に仕留めてピンチを切り抜けた。

高岡商は6回からプロ注目の山田を投入し、8回まで無失点に抑えて流れを掴みかけたが、9回は、東海林、内山の連打などで4点を奪われ力尽きた。星稜は中盤に1点差まで詰め寄られたが、長打7本を含む2桁安打2桁得点で、終わってみれば5点差での勝利。山口の好救援で競り合いをものにした星稜が、春季北信越3連覇まであと一つと迫った。

第2試合 佐久長聖ー日本文理

日本文理
100 500 000=6
020 200 30X=7
佐久長聖
【日】南、小林、新谷ー佐藤魁、佐藤旭
【佐】小嶋、古川、和田ー小山
〔二塁打〕藤石、佐藤魁(日)掘北、小山2、上神(佐)

◆ センバツ8強の航空石川をサヨナラで破った佐久長聖の勢いは、この日も止まらなかった。日本文理に先制されるも2回にすかさず逆転。4回に日本文理の藤石、佐藤魁の2点適時打などで再逆転を許したが、佐久長聖は7回、バッテリーが交代した日本文理を攻め、上神の2点適時打などで再々逆転して、シーソーゲームを制した。

5日の試合 決勝

@石川県立野球場
10:00 星稜-佐久長聖







-春季北信越

関連記事

第134回北信越地区高校野球大会(春季)

開催日:6月4日(土)〜6月7日(火) 開会式:6月4日(土)福井フェニックススタジアム 会場:福井フェニックススタジアム、福井県営球場 組み合わせ 決勝 @福井県営 高岡商 211 100 000= …

金沢はエース大筆が11回を完封、航空石川は3投手の継投で初戦突破 北信越地区高校野球大会1回戦

第138回北信越地区高校野球大会は2日開幕し、2球場で1回戦4試合が行われた。県勢では、航空石川と金沢が勝利して2回戦に駒を進めたが、金沢学院は日本文理に敗れて初戦突破はならなかった。3日は2球場で2 …

第136回北信越地区高校野球大会(春季)

開催日:6月3日(土)〜6月6日(火) 開会式:6月3日(土)9:00 HARD OFF ECOスタジアム 会場:HARD OFF ECOスタジアム、三条パール金属スタジアム 組み合わせ 決勝 @HA …

星稜が序盤の集中打で佐久長聖を破り春V3 北信越地区高校野球大会決勝

第138回北信越地区高校野球大会は5日、県立野球場で決勝戦が行われた。星稜は先制されながらも、序盤から打線が爆発。12安打の猛攻で9点を奪い、佐久長聖を破り3年連続の春北信越優勝を決めた。 5日の試合 …

星稜が寺西、荻原の完封リレーで快勝、航空石川と金沢は4強ならず 北信越地区高校野球大会準々決勝

第138回北信越地区高校野球大会は3日、2球場で準々決勝4試合が行われた。星稜は1年生投手の寺西、荻原が完封リレーで関根学園にコールド勝ちして3年連続のベスト4進出を決めた。航空石川は終盤に追いつく粘 …

アーカイブ