春季北信越

金沢はエース大筆が11回を完封、航空石川は3投手の継投で初戦突破 北信越地区高校野球大会1回戦

投稿日:

第138回北信越地区高校野球大会は2日開幕し、2球場で1回戦4試合が行われた。県勢では、航空石川と金沢が勝利して2回戦に駒を進めたが、金沢学院は日本文理に敗れて初戦突破はならなかった。3日は2球場で2回戦4試合が行われる。

2日の試合結果

1回戦

@石川県立野球場

第1試合 富山商ー航空石川

航空石川
301 000 100=5
000 002 000=2
富山商
〔航〕上田俊、重吉、嘉手苅ー井岡
〔富〕沢田ー森
〔三塁打〕広浜(富)
〔二塁打〕山岡、上田優2、八木澤(航)広浜(富)

◆昨秋の北信越大会準決勝の再戦は、航空石川が再び勝利して2回戦進出を決めた。
航空石川は公式戦初出場の上田俊、富山商は絶対的エースの沢田が先発した。航空石川は初回、相手エラーを契機に山岡、小板、上田優の3連打で3点を先制。制球が定まらなかった沢田の立ち上がりを見事に攻めた。航空石川の上田俊は初回から、抜群の制球とキレのあるスライダーで、5回を3安打無失点、7奪三振と好投した。

富山商の反撃は6回、この日2番に入った強打者・石橋がヒットで出塁すると、巧打者・広浜が三塁打で1点、宮腰は犠牲フライを放ちこの回2点を返した。ここで航空石川は、上田俊から重吉に継投、さらに7回から、こちらも公式戦初出場の1年生・嘉手苅がマウンドに。嘉手苅は3回を無失点に抑えて富山商の反撃を許さなかった。
強力打線が売りの航空石川は、好投手沢田の前に6安打に抑えられたが、効率よく加点して5得点で勝利。さらに投手陣の層の厚さもみせて、初戦突破した

第2試合 日本文理ー金沢学院

日本文理
101 003 110=7
000 010 000=1
金沢学院
〔日〕鈴木、川野邊、小林、新谷ー佐藤
〔金〕田中、山下、御影池ー中
〔二塁打〕角尾(金)

@金沢市民野球場

第1試合 関根学園ー福井商

福井商
000 000 011=2
100 004 00X=5
関根学園
〔福〕加藤、小林ー北川、藤井
〔関〕西本、碓井、小山、西本ー玉木
〔三塁打〕小沼2、櫻井(関)
〔二塁打〕高橋(関)

第2試合 上田西ー金沢

金沢
000 000 000 01=1
000 000 000 00=0
上田西
=延長11回=
〔金〕大筆ー尾野
〔上〕横尾ー宮坂
〔二塁打〕大筆(金)

◆上田西と金沢は数日前に練習試合を行い、一勝一敗。共にエースは投げなかったが、この日は上田西・横尾、金沢・大筆のエースが先発し、緊迫する投手戦となった。

序盤、横尾は金沢の先頭打者・寺前にヒットを許すが3回まで毎回の6奪三振、大筆は3回に小井出にヒットを打たれたものの、両エース上々の立ち上がりを見せた。

先にチャンスを掴んだのは4回の上田西、荒井の内野安打と失策などで1死二、三塁のチャンス。スクイズも考えられたこの場面で強行するも大筆に上手く打ち取られ無失点で終わった。この後もヒットこそ出るが連打がなく、金沢・大筆の緩急をつけた投球に引っ掛けるバッティングが目立ち内野ゴロの山を築いた。
上田西・横尾も好投し、8回に無死から大筆に初めての長打を打たれるが、後続を抑えて付け入る隙を与えないピッチングを披露した。

試合は両チーム無得点のまま延長に入る。均衡破ったのは11回の金沢。1死から下位の尾野、清水の連打とワイルドピッチでランナーを進め、1死二、三塁から寺前の犠飛で虎の子の1点をもぎ取った。上田西は最後の攻撃で、ここまで4つの内野ゴロと当たりがなかった塚田にヒットが出たが、最後は併殺打で試合終了。両エースが好投を演じた投手戦は金沢が制した。

大筆は被安打8、四球1の完封。横尾は被安打6奪三振7無四球失点1。大筆はアウト33個の内、内野ゴロが24個と持ち味を発揮した。

3日の試合 2回戦

@石川県立野球場
10:00 星稜-関根学園
12:30 金沢-高岡商

@金沢市民野球場
10:00 佐久長聖-航空石川
12:30 日本文理-坂井







-春季北信越

関連記事

星稜が序盤の集中打で佐久長聖を破り春V3 北信越地区高校野球大会決勝

第138回北信越地区高校野球大会は5日、県立野球場で決勝戦が行われた。星稜は先制されながらも、序盤から打線が爆発。12安打の猛攻で9点を奪い、佐久長聖を破り3年連続の春北信越優勝を決めた。 5日の試合 …

第138回 北信越地区高校野球大会(春季)組み合わせ

開催日:6月2日(土)〜5日(火) 開会式:6月2日(土)9:00 石川県立野球場 抽選日:5月24日(木)13:00 会場:石川県立野球場、金沢市民野球場 組み合わせ 1回戦 6月2日 @県立 航空 …

星稜が寺西、荻原の完封リレーで快勝、航空石川と金沢は4強ならず 北信越地区高校野球大会準々決勝

第138回北信越地区高校野球大会は3日、2球場で準々決勝4試合が行われた。星稜は1年生投手の寺西、荻原が完封リレーで関根学園にコールド勝ちして3年連続のベスト4進出を決めた。航空石川は終盤に追いつく粘 …

星稜が左腕・山口の好救援で3年連続の決勝進出 北信越地区高校野球大会準決勝

第138回北信越地区高校野球大会は4日、県立野球場で準決勝2試合が行われた。星稜は粘る高岡商の反撃を振り切って3年連続の決勝進出。航空石川を破って勢いに乗る佐久長聖は、日本文理に競り勝って3年ぶりの決 …

第134回北信越地区高校野球大会(春季)

開催日:6月4日(土)〜6月7日(火) 開会式:6月4日(土)福井フェニックススタジアム 会場:福井フェニックススタジアム、福井県営球場 組み合わせ 決勝 @福井県営 高岡商 211 100 000= …

アーカイブ