春季大会

星稜、航空石川が決勝進出。昨年秋以降3度目のライバル対決へ 北信越高校野球石川県大会準決勝

投稿日:2018-05-05 更新日:

第138回北信越地区高校野球石川県大会は5日、県立野球場で準決勝2試合が行われた。第一試合では星稜、第二試合では、航空石川がそれぞれ勝利して決勝進出を決めた。星稜は好機に畳み掛ける打撃で粘る金沢学院を振り切った。航空石川は、中盤以降強打が爆発して金沢を圧倒した。決勝のカードは、星稜ー航空石川に決まった。ともにセンバツベスト8の両チームの激突。昨秋の県大会、北信越大会の決勝に続いての対戦で、これまで1勝1敗。6日は県立野球場で10時から決勝戦が行われる。

5日の試合結果

準決勝

@石川県立野球場

第1試合 星稜ー金沢学院

金沢学院
020 100 001=4
203 200 02X=9
星稜
〔金〕田中、山下、御影池ー中
〔星〕竹谷、寺沢、奥川ー山瀬
〔本塁打〕渕上(金)
〔三塁打〕南保、山本(星)
〔二塁打〕矢富(金)

◆星稜は初回、金沢学院・田中の立上りを攻め南保の三塁打で2点先制。金沢学院はすぐさま、ランナーを一塁に置き、渕上がライトスタンドへ2ランを放ちあっという間に同点とし試合を振り出しに戻した。しかし、星稜は調子の上がらない田中を攻め、南保の今日3打点目となるタイムリーに4回にはルーキー内山のタイムリーも飛び出し、さらに点差を広げる。金沢学院の守備の乱れに乗じて着実に加点した星稜の強さを感じた。金沢学院は6回と8回に満塁まで持っていくがあと1本が出なかった。最終回は星稜は奥川で万全を期したが、先頭の中にヒットを許し、ワイルドピッチと犠牲フライで1点失うものの、奥川は冷静に後続を退け、金沢学院の追い上げムードを絶った。

第2試合 金沢ー航空石川

航空石川
001 145=11
000 010=1
金沢
=6回コールド=
〔航〕大橋、重吉ー井岡
〔金〕向井、辻本、石見ー尾野
〔二塁打〕小板、長谷川(航)朝賀(金)

◆私学三強の金沢とセンバツ8強の航空石川の一戦は予想に反し航空石川の一方的なゲーム展開となった。試合が動いたのは3回の航空石川の攻撃。先頭の井岡を四球で歩かすと、次打者大橋の打球はピッチャーゴロ、これを二塁へ送球するが悪送球となり無死一、二塁と自らピンチを招く。2死後、バッターは原田。その原田の打球はサード朝賀のグラブを弾く強襲ヒットとなり、セカンドランナーがホームへ還り先制点を奪い主導権を握った。4回にも満塁のチャンスから大橋のショートゴロの間にランナーがホームに還り2点差とした。この日先発のマウンドに上がった向井は、絶えずランナーを背負うが航空石川打線をなんとか4回2失点に抑えた。しかし、航空石川打線が襲いかかったのは5回、四球と失策、そして上田のヒットでまたも満塁のチャンス。ここで小板の打球は逆風を物ともしない走者一掃となる三塁打を右中間へ運び、山岡にもタイムリーが出て、一気に突き放しにかかった。6回には向井から代わった辻本を攻めた。金沢は1点失いなおも二死満塁で左の石見にスイッチしたが、その石見は押出しから三連打を浴び、この回打者一巡し5失点。得点差を二桁10点差とされる。航空石川のピンチの場面では金沢・松山のレフトへの大飛球が上田のグラブに収まり、一塁ランナーが戻れず併殺になるなど、無失策で守備でも盛り上げた。金沢は4回、寺前のショートへの内野安打で1点返すのがやっと。最終回となる6回には大橋から受け継いだマウンドを重吉が3人をピシャリと抑え、コールド勝ちで決勝へ駒を進めた。

6日の試合 決勝

@石川県立野球場
10:00 星稜-航空石川







-春季大会

関連記事

第138回北信越地区高校野球石川県大会(春季)

開催日:4月21日(土)〜5月6日(日) 抽選日:4月13日(金) 会場:石川県立野球場、金沢市民野球場、弁慶スタジアム 1回戦 4月21日(土) @県立 大聖寺実 000 000 000=0 000 …

金沢が大筆、向井の完封リレーで遊学館を破る 小松、金沢学院も3回戦進出 北信越高校野球石川県大会2回戦

第138回北信越地区高校野球石川県大会は29日、3球場で2回戦残り8試合が行われた。県立野球場では小松、野々市明倫、金沢学院、市民野球場では、津幡、七尾、県工、弁慶スタジアムでは桜丘、金沢がそれぞれ勝 …

小松の小川が15奪三振の力投で明倫を破る。金沢、金沢学院、津幡も8強に名乗り 北信越高校野球石川県大会3回戦

第138回北信越地区高校野球石川県大会は1日、2球場で3回戦残り4試合が行われた。県立野球場では小松と金沢、市民野球場では、金沢学院と津幡がそれぞれ勝利してベスト8進出を決めた。小松はエース・小川の力 …

星稜・金沢学院・金沢・航空石川の私学勢が4強進出で北信越切符 北信越高校野球石川県大会準々決勝

第138回北信越地区高校野球石川県大会は3日、2球場で準々決勝2試合が行われた。県立野球場では星稜と金沢学院、市民野球場では航空石川と金沢がそれぞれ勝利してベスト4進出を決めた。星稜は序盤1点差まで詰 …

金沢市工が小松大谷を破る 星稜、航空石川は快勝で3回戦進出 北信越高校野球石川県大会2回戦

第138回北信越地区高校野球石川県大会は28日、3球場で2回戦8試合が行われた。県立野球場では星稜、小松明峰、航空石川、市民野球場では小松市立、飯田、金沢市工、弁慶スタジアムでは泉丘、金沢商がそれぞれ …

アーカイブ