春季大会

小松の小川が15奪三振の力投で明倫を破る。金沢、金沢学院、津幡も8強に名乗り 北信越高校野球石川県大会3回戦

投稿日:

第138回北信越地区高校野球石川県大会は1日、2球場で3回戦残り4試合が行われた。県立野球場では小松と金沢、市民野球場では、金沢学院と津幡がそれぞれ勝利してベスト8進出を決めた。小松はエース・小川の力投で野々市明倫打線を1点に抑えて勝利、金沢は序盤から打線が繋がり桜丘に快勝した。金沢学院は御影池の好投で石川県工に勝利、津幡はコールドで七尾を破った。これで、星稜・金沢商・津幡・金沢学院・小松・金沢・飯田・航空石川とベスト8が出揃った。同時に8校は夏のシード権を獲得した。3日は2球場で準々決勝4試合が行われ、勝者は北信越大会への出場が決まる。

1日の試合結果

3回戦

@石川県立野球場

第1試合 小松ー野々市明倫

野々市明倫
000 000 100=1
001 100 10X=3
小松
〔野〕橋村、宮川ー吉本
〔小〕小川ー中西
〔二塁打〕吉本2、古木、北山(野)小川(小)

◆小松は、中西のタイムリーで先制すると、4回にも山本(力)のタイムリーで追加点。5回を2ー0で折り返す。明倫は6回に小松のエラーで1点を返して1点差に詰め寄るも、その裏に小松は清都のタイムリーで再び2点差とした。明倫打線は再三チャンスを作ったが、小川はここ一番で踏ん張って15奪三振の力投。9安打を打たれながらも自責点0の最少失点で完投した。2015年の秋決勝では、野々市明倫に苦杯を喫した小松がリベンジを果たし、秋に続いてベスト8へ進出した。

第2試合 金沢ー桜丘

金沢
201 310 002=9
000 100 000=1
桜丘
〔金〕石見、辻本ー尾野
〔桜〕高平、牧口ー茶木
〔本塁打〕森下(金)高井(桜)
〔三塁打〕朝賀(金)
〔二塁打〕朝賀(金)

◆1回表、金沢の4番・森下のレフトへのツーランホームランで幕を開けた試合。金沢は3回にも松山の犠牲フライで1点を追加すると、4回には朝賀のセンターオーバー三塁打と樫見のレフトへのタイムリーで3点を追加して6ー0と序盤でリードを大きく広げる。桜丘もその裏、高井のライトへのソロホームランで反撃するも金沢の先発・石見の失点はこれのみ。8回を投げて被安打3の好投をみせた。4回から登板した桜丘の牧口も中盤以降は0に抑えるも、9回に寺前に2点タイムリーを許してしまう。序盤に大量リードした金沢が昨春以来のベスト8進出を決めた。

@金沢市民野球場

第1試合 石川県工ー金沢学院

石川県工
000 000 001=1
111 100 10X=5
金沢学院
〔石〕山崎ー中原
〔金〕御影池ー中
〔二塁打〕杉本、長田(県)権谷、中(金)

◆中の適時打で先制した金沢学院が、序盤小刻みに得点を挙げ、石川県工に勝利しベスト8進出を決めた。金沢学院の先発は、背番号10の御影池。被安打6・失点1・四死球1と好投が光った。石川県工は、その御影池のコースをつく投球に凡打の山を築き、9回に1点返すのがやっとだった。

第2試合 津幡ー七尾

七尾
000 101 0=2
102 510 X=9
津幡
=7回コールド=
〔七〕善端、横山ー前田
〔津〕牧村、松田ー相原、大窪
〔三塁打〕黒田(津)
〔二塁打〕昔農(七)

◆津幡は4回に七尾2番手のエース・横山からヒットを重ねビックイニングを演出し、7回コールドで勝利しベスト8進出。七尾は初回から津幡・先発の牧村を捉えていたが、津幡の好守備に阻まれなかなか得点に結びつかなかった。逆に津幡の3回の攻撃、1死満塁から山名の中安適時打で2点奪い突き放すと、4回には代わったエースナンバーの横山から5点奪い試合を決めた。

3日の試合 準々決勝

@石川県立野球場
09:30 星稜-金沢商
12:00 津幡-金沢学院

@金沢市民野球場
09:30 飯田-航空石川
12:00 小松-金沢







-春季大会

関連記事

金沢市工が小松大谷を破る 星稜、航空石川は快勝で3回戦進出 北信越高校野球石川県大会2回戦

第138回北信越地区高校野球石川県大会は28日、3球場で2回戦8試合が行われた。県立野球場では星稜、小松明峰、航空石川、市民野球場では小松市立、飯田、金沢市工、弁慶スタジアムでは泉丘、金沢商がそれぞれ …

第138回北信越地区高校野球石川県大会(春季)

開催日:4月21日(土)〜5月6日(日) 抽選日:4月13日(金) 会場:石川県立野球場、金沢市民野球場、弁慶スタジアム 1回戦 4月21日(土) @県立 大聖寺実 000 000 000=0 000 …

金沢が大筆、向井の完封リレーで遊学館を破る 小松、金沢学院も3回戦進出 北信越高校野球石川県大会2回戦

第138回北信越地区高校野球石川県大会は29日、3球場で2回戦残り8試合が行われた。県立野球場では小松、野々市明倫、金沢学院、市民野球場では、津幡、七尾、県工、弁慶スタジアムでは桜丘、金沢がそれぞれ勝 …

星稜が2季連続の県制覇。奥川が4安打12Kの完封勝利 北信越高校野球石川県大会決勝

第138回北信越地区高校野球石川県大会は6日、県立野球場で決勝戦が行われた。センバツベスト8校同士の対戦は、星稜が4ー0で航空石川を破り、2季連続37回目の優勝(春は2年ぶり)を決めた。星稜は、今大会 …

鶴来、野々市明倫、金沢市工がサヨナラ勝ちで初戦突破。金沢、小松大谷はコールド発進 北信越高校野球石川県大会1回戦

第138回北信越地区高校野球石川県大会は22日、3球場で1回戦9試合が行われた。県立野球場では、鹿西が国際高専にコールド勝ちしたほか、小松市立、金沢龍谷が勝利した。市民野球場では、金沢市工が延長の末に …

アーカイブ