石川県のGOGO野球

石川県の高校野球、中学野球の速報・試合結果

春季大会

県工の山﨑が完封で大聖寺実を破る。輪島が3安打ながらも石川高専に競り勝つ 北信越高校野球石川県大会1回戦

投稿日:2018-04-21 更新日:

第138回北信越地区高校野球石川県大会は21日に開幕し、2球場で1回戦6試合が行われた。小松明峰と金沢商がコールド勝ちしたほか、県工、七尾、輪島、金沢西が接戦の末に初戦突破した。22日は3球場で1回戦の残り9試合が行われる予定。

21日の試合結果

1回戦

@石川県立野球場

第1試合 大聖寺実ー県工

大聖寺実
000 000 000=0
000 000 11X=2
県工
〔大〕松浦ー小山
〔県〕山﨑ー中原

◆県工・山﨑と大実・松浦の両エースで始まった試合、大実のエース松浦は、バックの固い守備に守られて6回まで1人のランナーも許さない好投を披露。試合が動いたのは7回裏、先頭の県工・中野がチーム初ヒットを放つと、バントとヒットで1死一、三塁のチャンス。ここで4番・山﨑がレフトへ犠牲フライで県工が先制する。県工は続く8回も1点を追加。県工エースの山﨑も再三のピンチを粘りのピッチングで見事完封で勝利を飾った。

第2試合 小松商ー七尾

七尾
000 102 000=3
100 000 010=2
小松商
〔七〕横山、善端、宮本ー前田
〔小〕宮崎、湊ー宮吉
〔二塁打〕前田(七)中川、宮吉(小)

◆七尾先発の横山は、立上りコントロールが定まらず四球とワイルドピッチで先制点を献上するも、その後は5回まで0を並べる。小松商先発の宮崎もランナーを許しながらも3回までは0で抑えるが、4回に四球でピンチを招くと湊投手へスイッチ。しかし七尾の前田が同点タイムリーツーベースで試合を振り出しに戻す。七尾は6回に代打・前田の2点タイムリーで勝ち越しに成功。小松商打線は、七尾の3投手の前にあと一本が出なかった。

第3試合 石川高専ー輪島

輪島
000 300 100=4
200 000 010=3
石川高専
〔石〕中谷、新出ー野田
〔輪〕小力、堂坂、川崎ー田浦
〔本塁打〕新典(輪)
〔三塁打〕阿戸(石)
〔二塁打〕新典(輪)新出(石)

◆先制したのは石川高専。1回裏、輪島の先発・小力の立ち上がりを攻めて、4番・野田のタイムリースリーベースと、続く5番・新出のセンター前タイムリーで2点を先制する。石川高専の中谷は、球を低めに集めて輪島打線に的を絞らせないピッチングで3回までノーヒットに抑える。
反撃したい輪島は、4回2つの四球でチャンスを作ると、新典のチーム初ヒットがレフトスタンドへの逆転スリーランとなる。7回に輪島が1点追加して2点差となった8回、石川高専が反撃。新出のタイムリーで1点差として更に1死満塁のチャンスを作るが、輪島の3人目・川崎が踏ん張り1点差で9回に突入。9回裏も2死三塁としたが、川崎が4番の野田を三振に取ってゲームセット。最後まで白熱した好ゲームであった。

@金沢市民野球場

第1試合 北陵ー小松明峰

北陵
‪100 002 0=3
‪101 802 x=12
‪小松明峰
=7回コールド=
‪〔北〕船見、斉藤ー白江
‪〔明〕菊野、坂東ー北野
〔三塁打〕岡田(北)鍋野(小)
〔二塁打〕藤野(北)吉田(小)

◆小松明峰は12安打12得点で7回コールド勝ち。1点リードで迎えた四回、明峰打線が北陵の先発・船見を捉え、打者一巡の猛攻で8点を奪い試合を決定づけた。金沢北陵は6回に岡田・藤野の長打で2点返すもここまで。

第2試合 金沢西ー羽咋工

金沢西
000 130 000=4
000 000 030=3
羽咋工
〔西〕北ー中條
〔羽〕鷹合、叶田ー中村
〔二塁打〕中條(金)竹森、澤井(羽)

◆粘る羽咋工を中盤得点を重ねた金沢西が振り切った。金沢西先発の北はランナーを背負うものの、低めを突く丁寧なピッチングで要所を締めた。しかし八回、羽咋工はその北に襲い掛かり、中村と坂本拓のタイムリーで3点を奪い1点差に詰め寄る。羽咋工は途中登板した叶田が好投し流れを呼んだが、あと一歩及ばなかった。

第3試合 金沢商ー伏見

伏見
000 000=0
202 006=10X
金沢商
=6回コールド=
〔伏〕飛田ー松山
〔商〕惣田ー木越
〔三塁打〕小寺(商)
〔二塁打〕中本(商)

◆伏見は、背番号8の先発・飛田が辛抱強く投げたが、6回に四死球で崩れ守備もリズムに乗れず1安打で6失点。エラー5つが響いて6回コールド負け。金沢商は内外野しっかり守りきっての無失策。小寺が3安打。最後は惣田のサヨナラ2点適時打で試合を決めた。

22日の試合 1回戦

@石川県立野球場
09:00 国際高専-鹿西
11:30 辰巳丘・向陽・内灘-小松市立
14:00 金沢龍谷ー能登

@金沢市民野球場
09:00 金市工-七尾東雲
11:30 宝達-小松大谷
14:00 大聖寺ー金沢

@弁慶スタジアム
09:00 遊学館-小松工
11:30 鶴来-金大附
14:00 門前ー野々市明倫







-春季大会

関連記事

小松の小川が15奪三振の力投で明倫を破る。金沢、金沢学院、津幡も8強に名乗り 北信越高校野球石川県大会3回戦

第138回北信越地区高校野球石川県大会は1日、2球場で3回戦残り4試合が行われた。県立野球場では小松と金沢、市民野球場では、金沢学院と津幡がそれぞれ勝利してベスト8進出を決めた。小松はエース・小川の力 …

鶴来、野々市明倫、金沢市工がサヨナラ勝ちで初戦突破。金沢、小松大谷はコールド発進 北信越高校野球石川県大会1回戦

第138回北信越地区高校野球石川県大会は22日、3球場で1回戦9試合が行われた。県立野球場では、鹿西が国際高専にコールド勝ちしたほか、小松市立、金沢龍谷が勝利した。市民野球場では、金沢市工が延長の末に …

金沢が大筆、向井の完封リレーで遊学館を破る 小松、金沢学院も3回戦進出 北信越高校野球石川県大会2回戦

第138回北信越地区高校野球石川県大会は29日、3球場で2回戦残り8試合が行われた。県立野球場では小松、野々市明倫、金沢学院、市民野球場では、津幡、七尾、県工、弁慶スタジアムでは桜丘、金沢がそれぞれ勝 …

星稜、航空石川が決勝進出。昨年秋以降3度目のライバル対決へ 北信越高校野球石川県大会準決勝

第138回北信越地区高校野球石川県大会は5日、県立野球場で準決勝2試合が行われた。第一試合では星稜、第二試合では、航空石川がそれぞれ勝利して決勝進出を決めた。星稜は好機に畳み掛ける打撃で粘る金沢学院を …

飯田、金沢商が接戦を制す 星稜、航空石川はコールド勝ちで8強進出 北信越高校野球石川県大会3回戦

第138回北信越地区高校野球石川県大会は30日、2球場で3回戦4試合が行われた。県立野球場では、星稜、金沢商、市民野球場では、航空石川、飯田がそれぞれ勝利してベスト8進出を決めた。星稜、航空石川は攻め …

アーカイブ