甲子園春

原田の劇的3ランで明徳義塾にサヨナラ勝ち 航空石川は初出場でベスト8進出 第90回記念選抜高校野球大会3回戦

投稿日:

第90回選抜高校野球大会は、大会8日目30日の第1試合で、北信越地区代表の航空石川が四国地区代表の明徳義塾と3回戦を戦った。明治神宮大会優勝校の明徳義塾に対して、航空石川は息詰まる投手戦の末、最後は3番・原田のセンバツ史上5本目となる逆転サヨナラ3ランで勝利。航空石川が初出場でベスト8進出を決めた。石川県勢のベスト8進出は1995年の星稜以来23年ぶり。

 

航空石川-明徳義塾

【試合終了】◇阪神甲子園球場

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
明徳義塾 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
航空石川 0 0 0 0 0 0 0 0 3x 3x
〔明〕市川ー安田
〔航〕杉本、大橋、重吉ー夏川
〔本塁打〕原田(航)

戦評

1点リードされて迎えた9回の裏にドラマが待っていた。先頭の井川がヒットで出塁すると、続く的場がきわどい球を選び四球で出塁。無死一、二塁で打席には最も勝負強い3番・原田を迎えた。昨夏の県大会準決勝の星稜戦でも同点3ランを打つなど数々の殊勲打を打ってきた選手。2回戦の膳所戦でも4安打と当たっているだけに誰もが期待した場面だったが、何事もなかったかのように初球で決めてしまった。市川投手の甘く入ったスライダーを見逃さずフルスイングすると打球はレフトスタンドへ。県外出身選手の多い航空石川で数少ない石川県出身選手の原田。ここでも持ち前の勝負強さを発揮してチームをベスト8に導いた。

サヨナラ3ランを呼び込んだ航空石川の固い守りが光った試合でもあった。
この日の先発は、秋まで背番号1をつけていた左の杉本が先発。センバツでは背番号10になったが、この日は意地をみせる素晴らしい投球を披露した。4回までは毎回得点圏に走者を背負ったが粘り強く投げ、5回から7回までは三者凡退と尻上がりに調子を上げた。特に右打者へのチェンジアップが有効で、強力打線を7回まで無失点に抑えた。守備でもショートの井川が再三好プレーをみせるなど杉本を盛り立てた。8回、先頭打者に四球と送りバントで二塁に走者を背負った場面で、指がつるアクシデントもあり、エースナンバーの大橋にマウンドを託した。しかし、大橋はヒットを打たれて一、三塁としたところで痛恨のワイルドピッチで先制点を許してしまう。9回には2回戦で先発した重吉が登板。1死満塁のピンチを迎えるが、ダブルプレーに打ち取り無得点に抑えたのが大きかった。三投手総動員で最小得点差でしのぎ、原田の逆転3ランを呼び込んだ。

明徳義塾は、初戦の中央学院戦で1点ビハインドの9回に、4番・谷合のセンバツ史上4本目となるサヨナラ3ランで勝ち上がって勢いに乗っていたが、この試合はまったく逆の展開となった。神宮大会を制して優勝候補にもあげられていたが、サヨナラ3ランを浴びて秋春連覇の夢は潰えた。

勝った航空石川は4月1日、大会10日目の第1試合で、こちらも優勝候補の東海大相模と準々決勝を戦う。
 

打撃成績

【明徳義塾】

守備 選手名
(右) 真鍋(3年=左) 4 0 0
(三) 田中(3年=左) 4 1 0
(中) 渡部(3年=左) 4 1 0
(左) 谷合(3年=右) 4 1 0
(捕) 安田(2年=右) 1 0 0
(一) 中隈(3年=左) 3 1 0
(遊) 菰渕(3年=左) 3 0 0
(投) 市川(3年=右) 2 0 0
(二) 藤森(3年=左) 2 1 0
27 0 0

【航空石川】

守備 選手名
(遊) 井川(3年=右) 4 2 0
東尾(3年=左) 0 0 0
(中) 的場(3年=左) 3 1 0
(右) 原田(3年=右) 4 1 3
(左) 上田(3年=左) 3 0 0
(三) 長谷川(3年=右) 3 0 0
(一) 小板(3年=左) 2 0 0
(二) 山岡(3年=右) 3 0 0
(捕) 夏川(2年=右) 3 1 0
(投) 杉本(3年=左) 1 0 0
大橋(3年=右) 0 0 0
小坂(3年=左) 1 0 0
重吉(2年=左) 0 0 0
27 5 3
投手成績
回数 打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
市川 8 0/3 30 5 2 2 3
回数 打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
杉本 7 1/3 26 2 6 3 1
大橋 0 2/3 3 1 1 0 0
重吉 1 5 2 1 0 0

 







-甲子園春

関連記事

星稜が延長10回、奥川のサヨナラ打で近江を破りベスト8進出 第90回記念選抜高校野球大会3回戦

第90回選抜高校野球大会は大会9日目の31日、第4試合で北信越地区代表の星稜が関西地区代表の近江と対戦した。星稜は、3点リードされて迎えた6回、3連打でと犠牲フライで同点に追いつき、試合は延長戦へ。 …

石川県からは2年連続で飯田が選出 センバツ21世紀枠推薦校

来春のセンバツ高校野球21世紀枠の石川県推薦校は、昨年に引き続き飯田高校が選出された。飯田は今秋の石川県大会準々決勝で星稜と対戦。好左腕・木挽が星稜打線を4安打に抑える好投をみせたが、1ー2で惜しくも …

第90回記念選抜高校野球大会 組み合わせ 航空石川は膳所、星稜は富島と対戦が決定

阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で23日に開幕する第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の組み合わせ抽選会が16日午前9時から、大阪市北 …

航空石川が10得点でセンバツ初勝利 第90回記念選抜高校野球大会2回戦

第90回選抜高校野球大会は大会2日目の24日、1回戦1試合と2回戦2試合が行われた。第3試合では、北信越地区代表の航空石川が21世紀枠出場の膳所と対戦。航空石川は中盤以降得点を重ねて10得点をあげて快 …

コラム:2年後占う高校野球1年生大会 甲子園出場との関係

高校野球は11月にアウトオブシーズンとなったが、年末の高校バスケから年明けの箱根駅伝、高校サッカーやラグビーと、高校野球ファンの私も楽しませてもらった。しかし、待ち遠しいのはやはり高校野球だ。3月の練 …

アーカイブ