コラム その他

コラム:高校野球での高校選び

投稿日:

秋の北信越大会も終わり、県内での大会は現在行われている1年生大会だけとなりました。この時期になると、中学3年生とその保護者は高校選びに頭を悩ませる頃だと思います。1年生大会を見て参考にする子も多いかも知れません。
複数の私立から誘いを受けて悩む子、私立か公立かで悩む子、中学までやっていた野球を高校でも続けようか悩む子等、それぞれの悩みがあると思います。

甲子園出場は球児みんなの夢です。しかしながら甲子園出場は簡単ではありません。プロ野球で二刀流として活躍している日本ハムの大谷選手(花巻東)でさえ3年生の最後の夏には地方予選で敗退しています。学校選びだけでなく、運も必要な甲子園出場を考えると悩みは尽きません。

強豪私立への道

甲子園出場の一番の近道といえば、石川県に関して言えば強豪私立です。石川県の強豪私立と言えば星稜、遊学館、金沢ですが、ここ最近は航空石川が県内外から実績のある子を集め、私学3強以上の結果を残しています。
強豪私立は当然レベルの高い選手、中学時代に実績を残した選手が多く集まって来るので、レギュラー争いはし烈になります。また、学校としては特待や推薦で取った選手を優先的に使うという現実もあるので、少ないチャンスをものにしないとベンチ入りすら叶いません。ベンチ入りできたとしても、その世代に集まって来るメンバーによってチームの戦力が大きく変わる為、甲子園出場は簡単ではありません。しかしながら、甲子園出場を目指すなら最も近い位置にいる学校でしょう。

その他の私立や県外へ

その他の私立への進学という選択肢もあります。近年では北陸学院が急速に力を付けており、今年は金沢学院も秋の北信越大会へ出場しました。加賀方面では、小松大谷も安定した結果を残しています。これらの学校も甲子園出場のチャンスはあるでしょう。
また、進学先は県内だけではありません。近年では県外強豪校へ入学する子も増えており、甲子園出場の夢を果たしている子も多く居ます。15歳で親元を離れ野球留学するという事は、先の人生でも大きなプラスになるとも考えられます。ただ、環境に馴染めずに辞めてしまう子も少なく無く、中学生にとってはリスクのある選択である事は間違いないです。

公立高校への進学

公立高校で強豪私立を倒すという気持ちを持って進学すると言う考え方もあります。公立高校の話になりますが、石川県では2000年の小松工業を最後に公立高校の夏の甲子園出場はありません(前年の1999年は小松高校が出場)。センバツでは2006年に金沢桜丘が出場していますが21世紀枠での選出でした。

お隣の富山県は高岡商業、富山商業が夏の甲子園大会に合わせて34回出場するなど全国的にも珍しく公立高校が強い県なのに対し、石川県では公立高校での甲子園出場は厳しいのが現状です。
しかし、私立では自信がないけど、どうしても試合に出たいと言う事で公立高校を選ぶのも一つの選択肢です。金沢方面では金沢市立工業、県立工業、金沢商業の実業系公立高校も実力もあり人気の進路になってます。加賀方面でも小松工業や小松商業等にもいい選手が集まって来ます。実業系高校は普通高校と違い、推薦入試もあり野球に打ち込める環境でもあると言えます。

文武両道や名将による指導

他にも文武両道で公立進学校での野球を選ぶ子も少なくありません。小松高校は県内でも有数の進学校ながら、過去に甲子園出場もあり野球でも結果を残している高校です。泉丘や桜丘も文武両道で毎年頑張っています。

また、県内の公立高校にも名将と呼ばれる監督が居ます。その指導者の元で野球をやりたいと思い進路を選ぶ事も一つの道です。
公立は私立と違い人数も少なく、指導者もその中から育てるしかない為、私立以上に選手育成が重要になってきます。
中学時代チームメイト同士で私立に進んだ実績のある子より、目立って無かった子が公立高校に進み、より結果を出すなんて話もよく耳にします。

高校野球も部活動です。甲子園出場だけが全てではありません。野球だけ出来ても生活態度が悪かったら試合に使ってもらえないし、練習から外される事もあります。高校野球を通して社会に通用する人間に成長してもらいたいと言う考えはどこの学校も同じです。高校野球はわずか2年半、それぞれの道で有意義な高校野球、高校生活を送ってもらいたいです。







-コラム, その他

関連記事

コラム:過去の北信越大会(秋季)の成績 県別センバツ出場回数

来年のセンバツ高校野球の重要な選考条件となる秋季北信越大会は、いよいよ13日に開幕する。石川県からは2011年に金沢高校がセンバツ高校野球に出場して以来、6年間出場していないが、来年は北信越地区から3 …

コラム:2年後占う高校野球1年生大会 甲子園出場との関係

高校野球は11月にアウトオブシーズンとなったが、年末の高校バスケから年明けの箱根駅伝、高校サッカーやラグビーと、高校野球ファンの私も楽しませてもらった。しかし、待ち遠しいのはやはり高校野球だ。3月の練 …

石川県からは2年連続で飯田が選出 センバツ21世紀枠推薦校

来春のセンバツ高校野球21世紀枠の石川県推薦校は、昨年に引き続き飯田高校が選出された。飯田は今秋の石川県大会準々決勝で星稜と対戦。好左腕・木挽が星稜打線を4安打に抑える好投をみせたが、1ー2で惜しくも …

平成29年度石川県高野連優秀選手

優秀選手受賞おめでとうございます! 小竹利彦、森中淳生(小松商) 下口丈次、清川理基、西川英志(寺井) 石橋錬、野坂侑暉(遊学館) 高畠嶺哉、平田真輝(金沢商) 山本蓮、吉田直城(金市工) 柳橋巧人( …

アーカイブ