秋季大会

第137回北信越地区高校野球石川県大会組み合わせ(平成29年度秋季)

投稿日:2017-08-30 更新日:

第137回北信越地区石川秋季大会組み合わせ決まりました。シード校は、航空石川、星稜、遊学館、寺井の4校で、大会は9月9日に開幕。

Aブロック

大本命は戦力充実の星稜。
対抗は投手力のある飯田とした。
尾山台も力を付けているが星稜初戦では厳しいか。
野々市明倫、小松明峰も力はありそう。

Bブロック

シードは寺井だが、あえて本命は鵬学園とした。大黒柱は抜けたが個々の能力は高いものがありそう。
金沢商、寺井は昨年からのエースが抜け投手力は未知数だが力はありそう。
夏を経験した投手が居る県工や1年生好投手が居る小松にも期待したい。

Cブロック

大混戦ブロック。夏に続き金沢、遊学館が同じブロックに入った。
金沢初戦の市立工や他にも津幡、北陸学院、小松商、小松工等の強豪揃いのブロックで勝ち上がったチームが勢いで一気に頂点もありえる。

Dブロック

甲子園を経験した2年生が多く居る航空が本命。
対抗は招待試合で履正社を破った小松大谷。
工業大会で市立工と引き分けた石川高専も面白い存在。
泉丘、桜丘も投手次第では番狂わせもありそう。







-秋季大会

関連記事

星稜が飯田との投手戦を制して辛くも逃げ切り 航空石川は3試合連続のコールドで準決勝進出

第137回北信越高校野球石川県大会は23日、県立野球場で準々決勝2試合が行われた。県立野球場の第1試合では星稜が飯田の好投手・木挽に苦しみながらも競り勝ち、第2試合では航空石川打線が初回から爆発し、桜 …

星稜は奥川が投打に大活躍、航空石川は上田が5打点の大爆発、ともにコールド勝ちで2年連続の決勝進出。 石川大会準決勝

第137回北信越高校野球石川県大会は、雨で一日順延となり、29日に弁慶スタジアムで準決勝2試合が行われた。第1試合では、星稜が小松・小川の立ち上がりを攻略して、初回に5点を先制。星稜先発の奥川は、7回 …

第139回北信越高校野球石川大会展望(30年秋季大会)

優勝候補筆頭はやはりこの夏石川県大会を制して甲子園に出場した星稜高校。星稜はエース奥川を始め甲子園で悔しい経験を積んだ寺沢、寺西そして荻原の投手陣は過去最強の布陣。センターラインでは攻守の鯰田が抜ける …

県立工業がシードの寺井を破る 遊学館は鹿西にコールド勝ち 石川大会2回戦

第137回北信越高校野球石川県大会は14日、県立球場で2回戦2試合が行われた。第1試合では遊学館が鹿西にコールド勝ち、第2試合では、県立工業がシードの寺井に延長の末に勝利して、それぞれ3回戦進出を決め …

石川高専が9回逆転サヨナラで七尾を破る 北陸学院は小竹が1安打完封で金沢市工に勝利 石川大会2回戦

第137回北信越高校野球石川県大会は16日、2回戦が行われ、県立野球場で4試合、弁慶スタジアムで2試合が行われた。県立野球場の第2試合では北陸学院が宮本の本塁打と小竹の好投で金沢市工に完封勝利。第4試 …

アーカイブ